文献登録番号4
TOPIC療養・リフレッシュ
文献種別報告書
文献タイトル和文:海洋療法による免疫機能への影響 (分担研究IV-3.免疫学的アプローチ)
英文:
キーワード和文:海洋療法,免疫
英文:
著者名和文:岸田綱太郎
英文:
著者所属先和文:ルイ・パストゥール医学研究センター理事長
英文:
発表年月日1997年
掲載誌和文:「沖縄の海洋性気候及び海水の健康増進効果に関する研究」研究報告書
英文:
掲載箇所(巻・号)31-37ページ
要約海洋療法の効果を検討するために、実施前後でいくつかの免疫パラメータを測定し、海洋療法の免疫機能への影響を評価した。海洋療法は、志摩滞在グループと沖縄滞在グループ(各11 名)で6日間の滞在により実施し、開始前後で各種免疫パラメータを測定した。その結果、感染抵抗性の上昇として評価されるINF-αは、志摩滞在グループ(p=0.06)も沖縄滞在グループ(有意性はなし)も上昇する傾向が見られた。異常な高値群に肝癌の発生症が多く認められるというINF-γは、沖縄滞在グループでは変化なく、志摩滞在グループで実施後に上昇したが実施前には低値傾向にあり、基準値への正常化という観点で検討が必要となる。また、癌やウィルス感染細胞の除去に重要な役割を果たすNK活性は、実施後に志摩滞在グループで低下し、沖縄滞在グループで上昇した。これらのパラメータの変動を参考に、海洋療法メニューの検討・改善が必要と考えられる。
グループ千足耕一研究室
投稿者